2014-09

芒、稔田、刈田、岩木山



 弘前市郊外の石川地区です。

 稲刈りも進み、稔田刈田が並んでいます。

 畦にはです。


スポンサーサイト

桐山家墓所



 杉田玄白らの 「解體新書」 の翻訳チームの一員に、津軽藩の桐山正哲がいました。

 弘前市西茂森の隣松寺に、桐山家の墓所があり、

 松木明知先生らの尽力により建てられた碑があります。

棟方志功のねぷた絵



 弘前市立博物館に展示されている 棟方志功のねぷた絵(見送り) です。

 昭和46年に実際のねぷた祭での運行に使用されたものだそうです。

 撮影可 として展示されていました。


白萩



 弘前城植物園の 白萩 です。

りんご初生りの碑



 弘前は、林檎の収穫期を迎えていますが、そもそも、弘前でのリンゴ栽培はどう始まったかご存知でしょうか?

 明治維新により日本中の藩士は失業してしまいましたが、

 弘前では、その失業対策としてリンゴの栽培が始まったということです。

 そして、弘前でのリンゴ栽培の最初のリンゴの実は、

 現在の医学研究科の構内である場所で、収穫されました。

 その記念碑です。


秋明菊



 弘前昇天教会の秋明菊です。

六年生・研究室配属



 六年生の三名が、研究室配属(クリクラ第5クール)で当講座に来ています。

 四週間という短い期間ですが、「炎症性疾患における新しい分子機構」についての実験に取り組んでいるところです。

カボチャ麩



弘前大学と弘前市内の麩の会社「松尾」とが、共同開発した「カボチャ麩」です。

お試しください。


大阪屋の饅頭



今日は、旧暦の八月十五日(十五夜)です。
大阪屋のお饅頭もウサギとススキです。


嶽きみ



弘前市郊外、岩木山中腹で栽培されている 「嶽(だけ)きみ」 が収穫期を迎えています。

在府町



 弘前大学医学部・大学院医学研究科は、弘前市の在府町という町にあります。

在府町は、城下町弘前の、藩政時代からの町名で、
在府(江戸勤務)の藩士たちが弘前に移ってきた時に住んだ町だということです。

佐藤紅緑(小説家; 佐藤愛子、サトウハチローの父; 佐藤愛子著「血脈」参照)や
陸羯南(明治のジャーナリスト; 脊椎カリエスの正岡子規を支援した; 鎌田慧著「反骨のジャーナリスト」岩波新書参照)は、在府町の出身です。


真田紐



信州上田の名産の「真田紐」です。
寄生虫の「サナダムシ」は、この紐に似ていることから名づけられたということです。

ところで、モイセズ・ベラスケス=マノフ著「寄生虫なき病」を読んでいます。
数百万年もの間、人類と共生してきた寄生虫を駆除してしまったために、
アレルギー性疾患や自己免疫疾患が増えている、
という興味深い仮説を述べています。




 8月30日の夕方のです。

 

«  | ホーム |  »

プロフィール

FC2USER546558GNF

Author:FC2USER546558GNF
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
気候 (2)
学生生活 (51)
研究 (17)
附属病院 (6)
四季 (130)
論文 (48)
アート (16)
学会 (36)
講座 (9)
講座風景 (4)
時候 (10)
講演 (5)
弘前風景 (35)
津軽風景 (15)
医学科風景 (10)
グルメ (5)
純米酒 (28)
おやつ (21)
九州風景 (1)
本 (5)
弘前大学風景 (10)
医学史 (3)
工芸 (1)
青森県内風景 (7)
県産品 (3)
関東風景 (4)
言葉 (5)
中国地方風景 (3)
中部地方風景 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR